ブロックチェーン経済のもとにある有名な経済学者の作品

Image for post
Image for post

経済エコシステムをゼロから構築したいと想像してみましょう。このシステムでは、人々が共通のリソースを使って相互のコミュニケーションを取り合う必要があり、システム全体が自らを維持し、存在してから1年以内に混乱に陥らないようにしなければなりません。この場合、あなたはどうしますか。もちろん、実証された世界経済理論とその著者に基づいて構成するでしょう。ブロックチェーンの基に何があるかと思ったことのある方には、この記事を投稿します。

ノアブロックチェーンを例として話させていただきます。NoahブロックチェーンはdPoSといコンセンサスアルゴリズムに基づいています。DPOSでは、ユーザーはお持ちのコインを選択したノードに委任し、ブロック生成に対する報酬と引き換えに受け取ります。簡単に説明すると、DPOSの参加者の間には多くの経済的相互作用があります。そしてこの記事では経済の父たちがこの相互作用についての考えを思い出して、分析しましょう。

アダム・スミスの「見えざる手」

18世紀に住んでいたスコットランド人は、分散型ノアネットワークと何の関係がありますか。実は、NOAHは、スミスのアイデアが実現したもう一つの証です。「国富論」という著作で、賞品の価値、インフレなどの多くの経済用語を定義し、さらに市場の自主規制方法をを説明しました。スミスによって、「商品の真実価格」とは、消費者に与える喜びの量によるものではなくて、「その商品を生産するのに必要とされる労働の量である」。つまり、すべての物は、それを生産するために費やした労働とリソースの量で評価できることを意味します。

また、すべての資産の価格(例えば、仮想通貨トークン。勿論、仮想通貨トークンについては書いていませんでしたが、理論は適切しています)が、買い手と売り手のバランス、または需要と供給のバランスよって定義されることについて説明していました。供給が需要を上回る場合、資産(仮想通貨トークンも)の価格は下がります。需要が供給を上回る場合は、たとえば、トークンがステークするために使用され、大量のが既にステークされた場合、売り手がいなくて、価格は上昇します。

Noahプロジェクトなどのブロックチェーンネットワークも、その他の経済システムの同じようにこのルールに従っています。ビットコインマイナーのようにブロックを生成するために電力を消費することはありませんが、ネットワークのデリゲー多―は依然としてネットワークのニーズに強力なノードを提供する必要があり、委任者として選択されるために大量のトークンを所有する必要があります。 その代わりに、提供したリソースの支払いである報酬を貰います。その報酬は、新しく発行された追加のトークンと料金です。新しいトークン発行は、その他のすべての参加者にとってインフレとなり、ノアトークンの供給を増加します。同時に、デリケータ―はインフレのせいで何も失わず、逆に有利であり、市場で売れる手数料も受け取ります。したがって、アダム・スミスの理論は、ノアのエコシステムでも完璧に機能しています。

ハイエク対政府

フリードリヒ・ハイエク(Friedrich August von Hayek)経済学者は、 現代に住んでいるとしたら、ブロックチェーン経済が気に入るかもしれません。多分、政府が人々のお金を盗むというツイッ―トをどんどん打っている最も情熱のブロックチェーンファンの1人になるかもしれません。そうやってナシム・タレブのメディア人気も奪ってしまうでしょう。つまり、政府に反対した自由主義者でした。

ハイエクは、政府には経済を計画させないと想定しました。多くのものが同時に行っていて、政府が持っている情報が不十分であるため、経済が予測不可能になってしまいます。銀行から流動性と資本を注入し、さまざまな社会的分野に資金を供給することで管理することは可能ですが、最初から最後までの包括的な計画を作るのは無理です。ハイエクはソビエト連邦を生き抜くことでそのアイデアを証明しました。計画経済がうまく機能できないことを確認した後、1992年に亡くなりました。

Noahブロックチェーンも、ユーザーのネットワーク上のコミュニケーションを規制しようとはしていません。コミュニティが自由市場として自主規制できるようにしているのみです。けっかとしてその戦略はスムーズに機能しています。ハイエクはそれがを見たら、気になると思います。

フリードマンは供給増加を証明

世界経済の形には、アメリカの経済学者、マネタリズム理論の作者であるミルトン・フリードマンのが大きな影響を与えいました。マネタリズムは、貨幣供給量の変動が、短期における実質経済成長、および長期におけるインフレに対して、決定的に重要な影響を与えるというアイデアです。米国政府によく活用されました。ロナルド・レーガンやマーガレット・サッチャーの顧問ならではアイデアです。フリードマンの本は、資本主義のイデオロギーに非常に違反していた友共産主義国家でも出版されました。

フリードマンはブロックチェーンについてどう思うのでしょうか?ブロックチェーンは一般的に、彼の理論通りに機能しています。トークンの供給は着実に増加しますが、ユーザー人数、分散型アプリ及び全体的な使用度(いわゆる、生産性)も上昇しています。つまり、ノアトークンへの需要も常に増加していて、供給の増加がその需要を満たす必要があるということです。

まとめ

ブロックチェーン技術は10年間も存在していませんが、信頼性と、ユーザーにとって実行可能な経済的エコシステムであることをすでに証明しています。説明は簡単です。最初のブロックチェーンを作成したものとして知られているナカモト・サトシは、数学、暗号化学、コーディングだけでなく、現代の経済理論もよく研究していました。我々ノアファンデーションは、ナカモト・サトシのアイデアと、現代史の最も影響力のある経済学者であるスミス、ハイエク、ミルトン、その他多くの人々の考えに基づいて皆様のためのエコシステムを構築しようとしています。外部規制なしで長期的に自主規制できるネットワークのみが成功できます。我々が構築しているシステムは、まさにその様なものです。

Noahの公式グループ・チャットで多くのニュース・記事を投稿いたしますので、必ず登録して下さい!

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store